あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

真っ直ぐな瞳でじっと見つめて・・・

お仕事の部屋(モンテッソーリ教育) 2017.12.27

モンテッソーリのお仕事は、子ども達に言葉で伝えるのではなく「見ててね。」と言い、ゆっくりとやり方を提示します。1学期は、じっくりと見つめる目と待つ心がなかなか揃わず存分に楽しむ・・・まで行かない3歳児も多くいます。運動会、十分に身体を使って楽しむ園外保育や遠足、クリスマス会等
大きな行事を経験するごとに、心が育ち自信がつき、お仕事の部屋での取り組む姿も変わってきます。
やってみたい!の気持ちは、じっくり見つめてやり方を覚える力になります。


『クモの巣』 3歳児でもくるくると巻き進む楽しさや配色を楽しんでいます。

『クモの巣』 「楽しくて楽しくて止められな~い!!」と1時間、こんなに沢山楽しみました。


『紐通し』  運針の練習を、楽しみながら作り上げます。


『カラーペグ』 見本の図案を一つ一つ確かめながらペグをさしていきます。何番目の針に何色をさすのか、縦横を数えながら慎重に・・・ですから完成した時の喜びはスゴイ!です。


『カラーペグ』 熟練してくると、オリジナルカラーやオリジナルデザインを楽しむようになっていきます。


『三つ編み・五つ編み』 1学期に存分に楽しんだ三つ編み。次の段階は、三つ編みを使ったバスケット作りや五つ編みのクリスマス飾りです。


『三つ編み』  長さに挑戦する子どももいます。「きっと、ホールの端から端までいったんじゃない?!」と楽しみに長さ比べ・・・。


『フェルトマスコット』 縫い差しやボタン付けを存分に楽しみ指先が思う通りに動くようになると針仕事が楽しくなります。ブランケット刺繍さえ覚えれば、挑戦できるレパートリーは広がります。


『フェルトマスコット』 縫い上がると、どんなデザインに仕上げるか・・・30分もかけてデザインすることを楽しむ子どももいます。



『フェルトマット』 段ごとに差し方が違うことに気付き、差していくのは最初は難しいことです。「ママ、喜ぶかな~?」と多くの子どもがにっこりします。

お仕事の部屋でも沢山楽しみました。『誰もいないみたいに音がしないね・・・。」と呟くほどみんなが集中した日が何日もありました。3学期はどんなことに挑戦して、成長した姿や大満足の笑顔を見せてくれるでしょうか。わくわくしながら準備をしています。