あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

ドッジボール大会がありました。

行事 2018.02.15

素晴らしい快晴の中、子ども達はドッジボール大会を楽しみました。

去年のゆりさんを見ていたときは「こんな風になれるかな?」「僕もシュッてボール投げるんだ!」と、憧れを口にしていた子ども達。
1年間で大きくなった体と心を持って、ドッジボール本番を迎えました。
今日のために作戦会議や練習を重ねたゆりぐみさんは、クラスで力を合わせて大会に臨みました。


ボールをよく見て、逃げる! バウンドしたボールは触っても大丈夫だよ!



白熱した試合が続きます。


試合の合間に作戦会議です。「こうすれば良いんじゃない?」と、地面に何かを書きながら話し合っています。


園長先生からみんなに、メダルのプレゼントです。みんな頑張りました!!

ドッジボールの練習をしていく中で教えたのは、ルールと基本的な投げ方だけです。
しかし練習の中で、「作戦を自分で考える」「投げ方を自分で考える」「自分の考えをクラスの皆に伝える」等、「子ども達が自分で考えて行動する」という姿をたくさん見る事が出来ました。
今回のドッジボールの活動で得た自主性と協調性は、小学生や大人になっていく上で大切なものだと思います。
今日の経験が子ども達にとっての良き思い出として、いつまでも心に残りますように。

来年は今のばらさんの番です!お楽しみに!!