あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

交通安全指導がありました

お知らせ行事 2018.05.16


 朝礼 ー園長先生のお話ー
  暑くなり始め、身体には『水分』だけではなく『塩分』が必要であるとの園長先生のお話にびっくりしたように聞き入る子ども達。
 園長先生の手にある岩塩に興味津々。指でこすり、ペロリッと味見して「しょっぱ~いっ!」の代表のお友達の声にみんなが次々にお味見し たくなりました。「クラスごとに回すから見て下さい。」の園長先生の言葉に、一安心。今年の夏も元気に暑さを乗り越えましょうね。


 交通安全指導 -横断者の信号が青に変わったらー
  先生方が子どもに扮して、安全な道の歩き方・車が来た時のやり過ごし方・横断歩道の渡り方等を演じ、子ども達に危険な行動と安全を投げかけ、一緒に考えました。
  信号が赤から青に変わったら、手を真っ直ぐ高く挙げて『右を見て、左を見て、もう一度右を見てから、渡りましょう』を実際に体験しました。「運転手さんから良く見えるように手をあげるんでしょう?!」子ども達は今すぐ遠足に行きたくなる程、良く学ぶことが出来ました。


 交通安全指導 -横断歩道の渡り方ー
  「途中で止まったら危ないよね~。」先生の劇の中では、横断歩道でピカピカの石を見つけてしゃがみ込んだ子どもがいました。
  「自分が渡って安心しちゃだめだね~。」そうです。みんなが続いて来ているから、サササ~っと渡る事、ちゃんと覚えましたね。