あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

待ちに待ったお楽しみ会がありました

行事 2019.02.28

「先生!お楽しみ会、ずーっと楽しみにしていたんだ~」朝からウキウキ、ワクワクの子ども達でした。
影絵で手遊び、動物あてクイズ、三匹のこぶたのお話…楽しい時間の始まりです。

スクリーンの裏側から、手や腕、身体を使って表現する影絵の不思議に、影絵の世界に引き込まれ、見入っていました。


「ぞうさんは手や腕をどんな形で表現しているのかな? 皆で一緒にやってみよう!」影絵の不思議を体験。


スクリーンの中のこぶたたちと演者の掛け合いに目を輝かせて聞き入っていました。

オオカミの登場に、子ども達はこぶたを心配してドキドキしたり、アドバイスの声をあげていました。

「こぶたはどこだ~?」のオオカミの声に「もう帰っちゃったよ!」のつぼみさんの返事。「なんで、教えちゃうの!教えたらこぶた達、たべられちゃうでしょ!!」と年長さん。

三匹のこぶたのお話は、多くの子どもが親しんでいるお話ですが、それでも一人一人が楽しんでいる姿は、子ども達の心が純真な証ですね。
「もっと見たかったな~♪」「こぶたが力を合わせて頑張って良かったな~」の沢山の声はありがとうに勝る言葉かもしれませんね。