あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

ね~、秘密袋一緒にやろうよ~♪

お仕事の部屋(モンテッソーリ教育) 2017.05.11

秘密袋(実態認識袋)はお友達と一緒に出来る数少ないお仕事です。提示する子どもが、袋の中の一品を手で確認し、何か言い当ててから出し、絨毯の上に並べます。相手のこどもは、手指で同じ品を確認して何かを言ってから 同じように絨毯の上に並べます。視覚で捉えず、指先の感覚をフル稼働…お友達とのやり取りが楽しくて人気のお仕事です。


『ものと名前』
動物のミニチュア・フェイク野菜・フェイク果物を一つずつ並べて、名前カードと合わせていきます。保育者が一つ一つのものについて話したり問いかけたりしながら、語彙を増やせるように働きかけています。子どものつぶやきが可愛らしかったり思わぬ答えに吹き出しそうになることもあって、楽しいお仕事です。


『S字フック』
色指定されたフックに同色のS字フックをかけます。3個目、4個目になるとS字がゆらゆら揺れて…片手でかけるのが難しくなって…それが楽しくて夢中になります。
「これ案外難しいな~つぼみちゃん(年少)でも出来るんだからな…すごいよね。」て感心しながら年長さんも挑戦!


『フェルトのトレイ』
二色のフェルトの縁をブランケット刺繍でかがって、四隅をつまむように縫い止めると可愛らしいトレイの出来上がり。「ママが指輪を入れられるように♡」 「パパいつも携帯どこだ?って探しているから、すぐにみつけられるように作るの~。」など子ども達の優しい想いが形になります。


『花の水切り』
お仕事の部屋に飾ってある花瓶の水を取り替えて花を水切りし、花瓶に活け直します。周りのお友達への優しい思い、気配り、環境への配慮…花瓶や花瓶敷きを自分好みに替えて、お友達も自分もお花もにっこりのお仕事です。‘やってみたいな~’の年少さんが興味津々、傍らで見守っています。