あけの星幼稚園 あけのほしアルバム

「楽しい」と「もっとやりたい」は仲良しなんだね~(年長児の呟き)

お仕事の部屋(モンテッソーリ教育) 2020.09.23

秋分を迎え、涼しくなって、お仕事をするには良い季節になりました。一人一人が夢中になって取り組んでいます。

 

『つまむ』 年少さんは小さな豆や玉をつまむことが楽しくて…落とさないように、転がってしまわないように、吸盤の上に指先を上手に使って、そっと載せていきます。

 

『泡立て』 角が立つまで泡立てる…年長さんでも、頑張って取り組まなくてはならないお仕事です。「角?! 角が立つ?!」と不思議に感じつつ取り組んでいるうちに「おおお~っ。」 「上手に角が立ったわね…これでケーキやメレンゲも上手に作れるわよ」の保育者の声に笑顔キラキラです。

 

『嗅覚筒』 6種類の香りの筒が2組あり、香りを確かめながら、ペアリングするお仕事です。「あーっ、これ分かっちゃった。カレーだぁ!」とにっこり。「どこかで嗅いだことあるけど…なんだっけな~。」記憶を呼び起こしながら、楽しく取り組んでいます。

 

『計る』 指定された重さになるように、重りを入れていきます。「ピッタリ!!先生見て~!」 現在は、量り売りを目の当たりにする経験が少なくなっていますね。きっちり計ることが大切…の意味を身をもって知るのは少し先の話かしら。

 

『ピンクタワーと茶色い階段』 ピンクタワー、茶色い階段はそれぞれ独立したモンテッソーリ教具ですが、経験を積んだ年中長さんには、発展した形で楽しむことも出来ます。扱いながら、両教具の相違点、相関性を感じ、学び取っていきます。