あけの星幼稚園について 施設紹介

保育室

保育室

光がたっぷりと差し込む明るい保育室は、リズム遊び等をするにも十分な広さであり、子どもたちの笑い声が響き渡ります。保育室内にはモンテッソーリの教具や副教材があり、朝の時間に好きなモンテッソーリのお仕事をしたり、お弁当を食べたり、お集まりをしたりして過ごします。

ホール・園文庫

  • ホール・園文庫
  • ホール・園文庫
  • ホールでは、毎週の体操の他、入園式、卒園式、誕生会、朝礼等を行います。全園児が集う場所でもあり、朝礼では体操やダンスを楽しむこともできます。ホール後方には本棚があり、たくさんの絵本が並んでいて、週一度の絵本貸出日は、子どもたちが楽しみにしている日です。

お仕事(モンテッソーリ教育)の部屋

お仕事(モンテッソーリ教育)の部屋

あけの星幼稚園の特徴の一つ、モンテッソーリ教育の部屋です。保育室には置かれていない教具や教材も置かれているため、この部屋へ入ると子どもたちは目を輝かせます。この部屋では、クラスごとに日替わりで8名程の子どもたちが、朝の活動の時間と帰りの降園までの時間を過ごし、多くの教材・教具の中から好きなものを選択し、落ち着いた雰囲気の中で心いくまでモンテッソーリのお仕事に取り組みます。

ひよこ組(2歳児クラス)の部屋

ひよこ組(2歳児クラス)の部屋

初めての集団生活にドキドキしている子どもたちが、保育者や友達に囲まれながら、家庭的な雰囲気の中で安心して過ごせるよう配慮されています。

広い園庭

広い園庭

あけの星幼稚園、一番の自慢はおひさまの光がたっぷりと降り注ぐ、暖かくて明るい園庭です。運動会も行える広さがあり、広々とした園庭で、子どもたちはおにごっこをしたり、サッカーをしたり、自転車やキックボードで走り回ったりと、思いっきり身体を動かし楽しみます。

あけの星幼稚園専用のお散歩コース

  • あけの星幼稚園専用のお散歩コース
  • あけの星幼稚園専用のお散歩コース
  • 幼稚園の裏には竹の子山があり、春にはたくさんのたけのこが顔を出します。また、竹の子山は強い地震が起きた際の園児の避難場所でもあります。

カンディダ・マリアハウス

カンディダ・マリアハウス

園庭に隣接したイエズス孝女会修道院旧館(旧東伏見宮葉山別邸)は、2016年11月18日に登録有形文化財に指定されました。現在は勉強会、音楽会や教会学校の合宿、幼稚園の行事などに使用されています。